筆ペンだけで全面クリヤー。

筆ペンで色々描いたりアイデアをみんなにみてもらうブログ。

サラリーマン田中について

サラリーマン田中(36)はうだつのあがらない営業マン。

今日も新商品PRのイベントを大失敗に終わらせ、上司の山田貴一(46)から「お前のトークはぬるま湯で作ったカップラーメン」という理解し難い例えで叱責され、疲れ果ててしまう。

そんな田中のもとに舞い込む次なる仕事は、子供向けシューズのPR。試作品を見た田中の脳裏に浮かんだのは、「こりゃ、完全にyogiboだな」というインスピレーション。靴がビーズソファに見えてしまった田中は、斬新すぎるアイデアを抱え、「あとは、靴の各パーツの色をyogiboと完全一致させるだけだ!」と、そこじゃないんじゃないかってところに力を入れ始める。

そんな田中が相談に訪れたのはデザイナーで彼女でもある、伊藤咲絵(27)のもと。

咲絵に「この靴なんだが、色味を色コードで教えてくれ!」と力強く詰め寄る田中。

咲絵は「そんなの、自分の会社でPhotoshop開いてやれよ…」と思いつつも、アナログ営業バカである田中の頼みに二つ返事で引き受け、色コードをおしえる。

田中は「よし、これで一安心」とひとり街へ消えていく。

 

翌日、咲絵が仕事をしていると、田中の勤務先から一本の電話。田中が会社の金で風俗に行き、もう存在しない店(そこも風俗店)の領収書を自分で手書きして、わざわざ収入印紙まで貼り、経理に出したというもの。

咲絵は、なぜわざわざ手書きしているのか、しかも嘘をつくならなぜ存在しない店にしたのか、しかもなぜそこも結局風俗店なのか、という謎を抱えながらも、大爆笑してしまう。

 

そのころ田中は、会社で上司に叱責を受け、タハハ、と笑ってしまう。「何がタハハだ!お前はタナカだろう!」とよくわけのわからないダジャレで叱責する上司に「すんまへーん!」と飛び上がる田中。  

 

さて、田中のヨギボーシューズは売れるのか?

次回、サラリーマン田中

「田中、不動産屋で転職活動」

こうご期待。

 

※上記の内容の夢をみたのでここに記載します。

 

繰り返しパターンでみつかる事

タイトルのとおりである。

長く生きていれば、「ああ、このパターンは嘘だな」と言う事がわかってくる。

 

・テレビでやってるワイドショーやクイズ番組などから得られるものなどない

・宝くじは当たらない

・本や新聞やネットの記事は自分なりに考えて何らかのアウトプットをしなくては、インプット時間が無駄である

・ピケティの言ってる事ってマルクスを勉強してたらそらそうだ、となるが大半の労働者は労働によって豊かになると思っているし、消費が好き

などなど

 

そういう事でライフハックのような事ができてくる

 

2歳になる息子に方丈記を読んで聞かせている。

そのうち論語も読み聞かせたい。

 

どう生きれば幸せなのか、その幸せという曖昧なものも個人の価値観の多様化により、またもその輪郭はぼやけていて、不安な個人が広告代理店の提示するところの幸せの見本を模倣することにより、「ああ、幸せ」と感じようとしている。

 

そんな事をしているうちに一生が終わるのは嫌だなあなどと僕は僕の表現を資本主義の中で見出そうとしており、そのプロセスにおいて、二次創作の域を出ない点でオリジナルとは言い切れずギフテッドな

何かはないと今日は思うが、あらゆるクリエイティブが模倣をそのプロセスの中に置いている事を思えば、このあがきも…ってなんの話だっけ。

 

とにかく雨の日は思索に耽ることが多くてこの独り言を誰かまとめてほしいな。とりあえず嫁が色々答えてくれるのでひとまずは幸せである。

 

 

 

 
f:id:sorairo17:20180706124842j:image

 

 

 

なぜ、こうなったのかということ

スーパーでダンボールをもらった。

 

気のいいパートさんがわざわざ、裏口まで連れて行ってくれて、好きなだけ持っていってください、とのことだった。

 

八個くらい持ち帰り、自宅で箱を見ていると


f:id:sorairo17:20180514142522j:image

JA大分のキウイフルーツの箱が目にとまった。

 

手が顔よりでかい


f:id:sorairo17:20180514142612j:image

 

なぜ、キウイの何を伝えようとしてこうなったのか。

 

これをみて、「キウイ美味そう」とはならない。

 

ただただ手のデカさにビビるだけである。

ヤル気を出せよ

ヤル気を出せよって

先輩とかキャプテンに言われてきたけど

出せよって言われたって

枯渇しているので厳しい

 

マイペースにいかしてよ

この声がとどかないとしても

どうかマイペースにいかしてよ

昼休み終わるとかつらい

 

 

ああマイペースにいかしてよ

休憩終わり自分のデスクまでが、遠い

もうマイペースにいかしてよ

ヤル気スイッチなどありもしない
f:id:sorairo17:20180413130059j:image

ヤル気

 

こういった事態が起きまして。

 

 

図解しました。

 

世間一般では想像力が欠如している方がおおすぎますね。全くクリエイティブではないです。

 

新入社員の皆様におかれましては、ちんちんをブルブルと回して空が飛べるんじゃないかとか、そういう空想をし、実用化も考えていく、一種の狂気のようなものがあっても、私はいいのではないかと思いますよ。

 

あとはおしり関係でいくと、おしりの毛っていうのは想像以上に火柱があがるので気をつけましょう。

 

以上、お祝いの挨拶に代えさせていただきます。

バイオハザード7についての所見

ネタバレありだよ。

バイオハザード7の敵の正体はカビ人間だった。

そのカビ人間は人に感染して、その人をマインドコントロールする力がある。

 

ある日、ミアという好奇心旺盛な変態女性が、カビ人間のエブリンちゃんと出会う。

色々あって二人はアメリカ内陸部(多分トランプを支持するような保守層)のベイカー家に居候する事になる。

※ここまででもうめちゃくちゃである。

 

カビ人間のエブリンちゃんは趣味の感染マインドコントロール力を発揮して、ベイカー家の皆さんと変態のミアをバンバンやべえやつにしてしまう。

 

そこにEさん(仮名)という変態男性がやってくる。

Eさん(仮名)は同じ変態であるミアちゃんの婚約相手であり変態プレイをしようとやってきたのであった。

しかしベイカー家はやべえやつばかり(Eさんの性癖とはあわなかった)だった。

母親のマーガレットは腐ったメシを食わせようとするし、父親のジャックは自分の胸をナイフでざっくり切り裂く。息子はニート

いくら変態のEさん(仮名)であってもこれはきつい。

さっさとミアちゃんを連れて変態プレイをやりてえEさん(仮名)だったが、バイオハザードなので敵を倒したり色々やらなきゃならない。

それで色々やって行くうちにこのメンヘラ一家に娘がいることがわかる。ゾイちゃんである。

ゾイちゃんはショートカット巨乳で、顔もかわいいしEさん(仮名)は一発やりてえと思う。しかもゾイちゃんもカビ人間になっているのである。

めちゃくちゃ興奮するEさん(仮名)。実に変態である。

まぁでもいきなり下心全開で接してしまうと嫌われると思ったのか「あー、ちょっと俺バイオハザードの仕事あるから」とゾイちゃんの側を離れて、とにかくいいところを見せようと奮闘する。

 

そのうち変態ミアちゃんとも再開するのだが、ミアちゃんは言ってることがめちゃくちゃな上に既にカビ人間になっていた。その状況にまたもやめちゃくちゃ興奮するEさん(仮名)

 

興奮しながら、Eさん(仮名)はバイオハザードのタスクをこなす。変態とはこういう人のことをいうのである。

 

とりあえず血清が必要ってバイオハザード側が言うので入手する。しかも2本も。2本あればミアもゾイも助けられるし二人から求愛される事間違いなし。「最高っっっ!」興奮するEさん(仮名)

 

さっさと二人のとこに血清を持っていこうとするもバイオハザード側の都合で敵に一本血清を打たなきゃならなくて、仕方なく打つ。

 

そのあと、ゾイちゃんとミアちゃんの待つ桟橋へ。どちらか一人にしか血清がうてない。二人ともゲットは無理。

・ゾイを選んだ場合

ゾイちゃんと興奮しながらボートで脱出するもゾイちゃんはカビ人間度合いが高まりすぎていてカビの結晶になる。そういう趣味のないEさん(仮名)

・ミアを選んだ場合

ゾイちゃんに嫌われたくないから「助けを送る!マジでマジで!速攻!だからお願い!嫌いにならないで!お願い!」と何かをお願いしてミアちゃんと船で脱出。無事に救出され変態プレイやり放題。

 

 

 

 

 

 

おしりからビー厶が出るようになった場合についての所見

おしりからビームが出るようになったらどうしよう。

 

ふと、そんな想いにとらわれた。

 

僕は家庭を持ち、ごく一般的な生活を送る人間だ。

 

しかし、尻ビームがでるようになってしまえば、生活は激変。

 

FBIが捜査に乗り出したり、テレビで取り上げられるだろう。Youtubeで動画をアップすれば、たちまち360万再生を達成しユーチューバーの仲間入り。

平凡だった人生が一転し、激動の日々を過ごして行くことになるのだ。

 

それはまずい。

普通に生きているのが、いちばんフィットしている今、おしりからビームが出るようになるのはかなりまずい。

 

嫁の実家になんと説明したらいいのだろうか。

幼い甥っ子や姪っ子達に「ねえねえおしりからビーム出してよーキャッキャ」と寄り付かれ、泣く泣くおしりからビームを放ち、木を真っ二つに割り続けなくてはならない。

お義父さんお義母さんも「ヒロキューくんは攻撃力がすごいな」と褒めてくださりながらも「ああ、こんなおしりビームの人に娘を嫁にやってしまった…」と嘆くに決まっている。

 

僕は断じて、おしりからビームを出したいと思いません。

 


f:id:sorairo17:20171020032348j:image

 


f:id:sorairo17:20171020032357j:image

 

※山田さんは仮名です。